結婚式場選びで最初に確認すべき点

結婚式を検討するにあたって、最初に確認しておくべき事項があります。両家それぞれどこまで招待するかです。自分たちや近親者のみでも問題ないか、親戚は?会社関係は?近所の人は?招待する人の範囲は地域性や、関係性にもよります。親にも相談し、絶対招待すべき人、できれば招待すべき人などを検討し、両家のバランスも考えます。招待客数によって、式場の立地や規模が違ってきます。

結婚式の形式を検討する

現在さまざまな形式の式があります。キリスト教式、神前仏前式、人前式の他に、届出式(市区町村に婚姻届を出した際に、役所等でセレモニーを行う形式)、フォト婚など。自分たちに納得がいく式を考えましょう。現在もっとも多いのがキリスト教式ですが、伝統的な神前式も人気が出てきています。形式が決まったら、独立したチャペルがよいとか、ガーデンウェディングをしたい、自分たちで飾り付けしたいなど、具体的なプランを考えます。

具体的な式場・披露宴を探す

結婚式の場所は、地元、海外、国内リゾート、テーマパークやその周辺のホテルなど様々。これは、最初に検討した招待客を考慮する必要があります。招待客が多いけれど、どうしても遠隔地で式を挙げたいという人は、式はこだわりの場所で、披露宴や食事会は地元で開くというのもおすすめです。テーマパークでの結婚式は、自己満足ではないかと心配になるかもしれませんが、テーマパークはアクセスがよく、遠方からの招待客も来やすいというメリットがあります。また、式の前後でテーマパークを楽しんでもらうこともできます。場所が決まったら、自分達のプランにあった式場を絞り込みましょう。自分たちはもちろん、親や招待客も喜んでもらえる式場を、見つけましょう。

九州エリアにおいては福岡の結婚式場が広く選ばれています。交通の便が良いので遠方からのアクセスが良く、街にも活気があるので二次会などにも困りません。